子育ても終わり、次のライフステージへと向うにあたり、傷んだウッドデッキや木製建具を取り換え、玄関を少しだけ増築して、接客の場としました。
ビニールクロスの上からゼオライト配合塗壁材を塗ました。

次は水周りのリフォームが待っています。

18年後のリフォーム

里山に包まれて、子育てを楽しむための家です。外壁の杉板は里山と田畑の風景にしっくりなじみ、経年変化を楽しむことができます。「こんどは、どんな色で塗ろうかな・・・。」メンテナンスもポジティブにとらえると、楽しみのひとつになります。吹き抜けやロフトを作ってタテの空間も最大限利用しました。無駄をなくす・・ローコストの基本。リビングが吹き抜けなので全ての部屋がリビングと直接つながって、いつも家族の気配を感じながら暮らせます。リビングや2階からも丸見えのキッチン収納は「見せない収納」ですっきりと、炊飯器やオーブントースターも隠しました。天袋って、めったに扉をあけないから、どこに何をしまったかわからなくなる。だから、いつも扉をあけるようにするか高さを下げる。ちょっとしたことで、収納力が増します。

石打の家